赤ちゃんモデルになるためのオーディションお役立ち情報

オーディションお役立ち情報を紹介していきます。

モデルの仕事

赤ちゃんモデルとして活動できる期間は短く、0歳から3歳までです。このため、もし赤ちゃんモデルを目指すならば早い内からオーディションを積極的に受けた方が活躍するチャンスを作りやすくなります。赤ちゃんモデルの応募が行われている一番代表的なものはオムツ用品です。オムツ用品のオーディションは企業や募集の種類も多く、テレビCMや広告、パッケージのモデルといったものもあります。また、赤ちゃんモデルの全身を使うのではなく、おしりだけといったパーツでも採用されることがあります。

オムツの他には、赤ちゃん用の教材モデルや妊娠中や育児中のお母さんをターゲットにした雑誌モデル、ベビー服ブランドのファッションモデルといった募集があります。ベビー服のファッションモデルの応募では、書類選考で使用する写真に応募するブランドの洋服を着た姿の写真が必要になる場合もあります。どんなお仕事をする際にも大切なのは赤ちゃんの笑顔です。このため、赤ちゃんモデルとしての活動は親子で楽しみながら行うといった気持ちが大切です。

赤ちゃんの成長過程にはグズる時期や嫌がる時期もでてきます。もし順調にモデルのお仕事をしている中で赤ちゃんが突然嫌がりだしたらそれは赤ちゃんが成長をしている証としてお仕事を無理に入れないようにしましょう。

保護者の努力も大切

自分の子供を赤ちゃんモデルとして活躍させる場合、保護者であるお母さんの努力も大切です。赤ちゃんモデルのオーディションの審査で見られているのは赤ちゃんだけではなく、母親の姿もチェックされています。カメラマンやスタッフが集まるプロの撮影現場にはお母さんも同席することになるため、時間を守れることや服装といった基本的なマナーができていることが大切です。

また、オーディションではカメラ審査が行われ、赤ちゃんの笑顔の表情を求めらます。このため、日ごろから赤ちゃんとスキンシップをとり、赤ちゃんを笑顔にさせるコツなどをつかんでおきましょう。さらに、予行演習が必要なのは赤ちゃんだけではありません。審査では、面接官から母親へ質問を行うため、お母さん自身も緊張せず、きちんと受け答えができるようにしておくことが必要です。

オーディション当日は、他の赤ちゃんや保護者の方と同席をすることになります。見知らぬ人と会うことや審査会場の雰囲気は、赤ちゃんにとっては大きな刺激です。お母さんが動揺していると赤ちゃんにも伝わってしまうため、まずはお母さんが平常心でいることや、赤ちゃんをリラックスさせてあげるために気を配ることが大切です。

赤ちゃんモデルの適正

広告に出演する赤ちゃんは、プロダクションに所属している赤ちゃんモデルが一般的です。赤ちゃんモデルたちは、所属プロダクションから紹介されたオーディションに合格をしてテレビや雑誌の誌面を飾っています。では、一体どんな赤ちゃんがオーディションに合格しやすいのでしょうか。

大人のモデルの場合、オーディションの選考基準として顔立ちやスタイルなどが重視されますが、赤ちゃんモデルの場合は容姿よりも表情や性格のタイプが選考に影響します。人見知りをせずに撮影用のカメラを向けられても笑顔でいられるといったタイプの赤ちゃんはオーディションに受かりやすいです。赤ちゃんモデルとして必要とされるのは撮影のしやすさなのです。

このため、赤ちゃんモデルが所属している芸能プロダクションでは赤ちゃんが撮影の時に困らないように赤ちゃんモデルとしてのレッスンが行われています。レッスンでは、オーディションや撮影の模擬練習が行われていますが、この他にも、赤ちゃんの表現力や集中力を養う内容もあるので赤ちゃん自身の成長にもつなげることができます。また、レッスンには赤ちゃんだけではなく、お母さんも参加できるものもあります。お母さんと過ごす中で赤ちゃんの能力開発をすることができるプログラムもあるため、赤ちゃんがモデルとして活躍するためだけではなく、お母さんの子育てにも役立たせることができるのです。

オーディションでデビュー

テレビや雑誌などのベビー用品のCMで、赤ちゃんが商品を身にまとっている姿を見かけることもあるでしょう。広告媒体に登場する赤ちゃんたちは、普通の赤ちゃんと変わりがないように見えますが、実は出演料も発生しているれっきとしたモデルです。この赤ちゃんモデルは、他の大人のモデルたちと同じように芸能プロダクションに所属をしています。テレビや雑誌などのベビー用品のCMで、赤ちゃんが商品を身にまとっている姿を見かけることもあるでしょう。広告媒体に登場する赤ちゃんたちは、普通の赤ちゃんと変わりがないように見えますが、実は出演料も発生しているれっきとしたモデルです。

この赤ちゃんモデルは、大人のモデルたちと同じように芸能プロダクションに所属をしています。このため、もしCMなどのメディアに自分の赤ちゃんを出演させたい場合は、まずは赤ちゃんモデルが所属している芸能プロダクションに登録を行いましょう。一般公募でCMのオーディションを行っていることもありますが、芸能プロダクションに所属をしている方がオーディション情報を手に入れやすくなるため、CMのオーディションを受ける回数も増えるのです。

参照サイト〈赤ちゃんモデルのオーディション – THEATRE ACADEMY
赤ちゃんモデルを募集しているタレント養成所のサイトです。

赤ちゃんモデルのプロダクションに所属するためには、書類審査や面接を受けます。プロダクション在籍のためにかかる費用はプロダクションによって違いがあり、2000円から30万円といった幅広さがあります。プロダクションでは赤ちゃんモデルのためのレッスンの有無もあるため、複数のプロダクションを見て予算や目的によってプロダクションを選んでみてはいかがでしょうか?さらに、プロダクションに所属した後も、CMなどオーディションに受かるための工夫は必要です。当サイトではお役立ち情報をご紹介するため、ご参考ください。